エステで使われる2種類の脱毛器

subpage01

エステサロンなどで使われている脱毛器の多くはフラッシュ脱毛と呼ばれるもので、IPL脱毛とSSC脱毛も2つに大別することができます。


それぞれの特徴を理解すると、エステサロンを選ぶときに役立てることができるでしょう。

まずIPL脱毛ですが、これはインテンス・パルス・ライトの略で、もともとはシミやがんなどを治療するために開発されたものですが、脱毛にも効果があることがわかり、脱毛器にも応用されるようになりました。
IPL脱毛の脱毛の仕組みは、照射される光が黒色のメラニン色素に反応することを利用しています。
光がメラニン色素に反応すると発熱します。

その熱が毛穴の奥にある毛根にダメージを与え、脱毛を促進します。

痛みは少なく、一度に広範囲の脱毛を行うことができるのが特徴です。また熱を持つために、冷却ジェルで冷やしながら脱毛を進めていきます。

次にSSC脱毛ですが、これはスムース・スキン・コントロールメソッドの略で、脱毛だけでなく、同時に美肌効果も期待することができる脱毛器です。

光を照射する前に、特別なジェルを塗ります。
このジェルには光が当たると、制毛成分が毛穴から浸透し、毛が新しく生えてくるのを抑えます。

また、同時にこのジェルには美肌効果のある成分も含まれているため、脱毛しながら美肌も期待できるというわけです。
痛みに関してはIPL脱毛よりもさらに少なく、産毛のような細い無駄毛もしっかり脱毛することができるのが特徴です。